亜細亜大学  テニス部−EVER UPWARD!

亜細亜大学テニス部の日々の取り組みのDetailです。学生の試行錯誤が投稿されます。大会のご案内、試合レビュー、テニスクリニックのご紹介など随時情報が公開されていきます。

浜名湖東急カップ浜松三ヶ日国際レディーストーナメント2017完全記録(女子)

本日行われました浜名湖東急カップ浜松三ヶ日国際レディーストーナメント2017の完全記録についてご連絡させて頂きます。

<完全記録>
女子シングルス予選1R
×楚南美波2-6.1-6長谷川愛依(岐阜ITC)○

女子シングルス予選SF
×高橋玲奈4-6.1-6首藤みなみ(スポーツクリエスト)○

名湖東急カップ浜松三ヶ日国際レディーストーナメント2017完全記録(女子)

本日行われました浜名湖東急カップ浜松三ヶ日国際レディーストーナメント2017の完全記録についてご連絡させて頂きます。

<完全記録>
女子シングルス予選1R
×渋沢遥6-2.1-6.2-6後藤あおいこ(山学大)○
○高橋玲奈6-3.2-6.6-2阿部有紗(山学大)×
×山口真琴1-6.4-6輿石亜佑美(浦和麗明高)○
×朝倉菜月6-7(5).3-6横川仁美(山学大)○
×李淑玲0-6.2-6板谷里音(日大)○

平成30年度亜細亜大学硬式庭球部新幹部について。

こんばんは。
ブログ担当の志賀です。

平成30年度亜細亜大学硬式庭球部新幹部についてご連絡させて頂きます。

主将:芦澤翔(国関3)
副将:林大佑(法3)
   吉田慎(法2)
主務:小林暖周(経済3)
副務:志賀隼(経済2)
競技力向上:加藤彰馬(法2)
      児玉大輝(経営2)
      高山裕哉(法2)
      堀内竜輔(法1)
スカウト:嶋田瑛介(経済2)
     清水奎吾(経営1)
     大野一真(経営1)
     島亮太郎(法1)
財務:岡庸輔(経済2)
   高見澤岳飛(法1)
学連:相馬海斗(経営3)
   須田圭亮(法1)
渉外:原崇人(経済3)
   工藤颯人(経済1)
イベント:堀匡毅(経営2)
     村西開斗(法2)
管財:佐藤亘(経済3)
   呉岡拓弥(経済1)
   熊坂拓哉(法1)
広報・アジパン:志賀隼(経済2) 
        倉持侑希(経済2)
        塩谷大河(経済1)
        吉満優希(国関1)

以上の新幹部となります。
今年度も宜しくお願い致します。
以上です。失礼します。

GOSEN CUPスウィングビーチ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント2017完全記録(女子)

本日行われましたGOSEN CUPスウィングビーチ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント2017の完全記録についてご連絡させて頂きます。

<完全記録>
女子シングルス本戦1R
×高橋玲奈3-6.6-4.3-6井上雅(テニスラウンジ)○

平成30年度アジア女子ローンテニス部新幹部について

平成30年度アジア女子ローンテニス部新幹部についてについてご連絡させて頂きます。

主将:楚南美波(経済3年)

副将:中沢夏帆(経済3年)

主務:大西沙依(経済3年)

副務:渋沢遥(法3年)、高橋もも(法2)

経理:八幡まちこ(経済2年)

競技力向上:高橋玲奈(法3年)、川村周子(経営1年)

アジパン:伊達芽依(国関2年)、高橋もも(法2年)、崎村彩加(法1年)

勧誘:中沢夏帆(経済3年)、高橋玲奈(法3年)、南文乃(国関2年)、松田美咲(法1年)、朝倉菜月(経営1年)、佐藤葵(法1年)

イベント・渉外・管財:山口真琴(法3年)、渋沢遥(法3年)、李淑玲(法1年)

広報:朝倉菜月(経営1年)、松田美咲(法1年)

学連:境春菜(経営1年)

以上の新幹部となっております。
今後とも宜しくお願い致します。以上です。失礼します。

GOSEN CUPスウィングビーチ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント2017完全記録(女子)

本日行われましたGOSEN CUPスウィングビーチ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント2017の完全記録についてご連絡させて頂きます。

<完全記録>
女子シングルス予選F
○高橋玲奈6-3.6-3川崎光美(テニスユニバース)×

GOSEN CUPスウィングビーチ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント2017完全記録(女子)

本日行われましたGOSEN CUPスウィングビーチ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント2017の完全記録についてご連絡させて頂きます。

<完全記録>
女子シングルス予選SF
○高橋玲奈6-3.6-2井上明里(橋本総業ホールディングス)×
学校法人亜細亜学園
亜細亜大学
創立当時からアジアをはじめとする国際社会への貢献を目標とし、つねに時代の一歩先を行く教育環境づくりに取り組んできた亜細亜大学。
一人ひとりが学びたいことを学び、個性を最大限に発揮できるように、建学精神「自助 協力」をさまざまな形で実現し続けています。
亜細亜大学国際テニス大会
tennis.jpリンク
Amazonライブリンク
AmazonおすすめBook!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
最新コメント