亜細亜大学  テニス部−EVER UPWARD!

亜細亜大学テニス部の日々の取り組みのDetailです。学生の試行錯誤が投稿されます。大会のご案内、試合レビュー、テニスクリニックのご紹介など随時情報が公開されていきます。

全日本学生室内テニス選手権大会のインプレ☆


こんにちは。
昨日行われた、全日本学生室内テニス選手権大会の予選が、大阪にある江坂テニスセンターで行われました。まずは、結果です。
<男子シングルス予選1R>
 ×大塚真之助2-63-6植木竜太郎(日大)○
 ○富田真吉6-06-4武村篤(天理大)×
<女子ダブルス予選1R>
 ×高橋/土屋3-66-45-7森/猿田(松蔭女大)○
 ○角田/宮崎2-66-46-3大見/寺本(愛院大・愛院大歯)
4面進行の6Rで9:00より試合開始。各コートでは、全国より選抜された学生達が6日より尼崎の総合体育館で行われる本戦に向けて戦っています。始まったばかりの大会ですが、率直な感想を。

相も変わらず、才能ある選手達がやっているなというのがまず一点。
しかし、なにか目標にやっている選手は、ほんの少しのみ。非常に残念でした。何かに向かい、やっていれば、まわりを引き込む空気が出てきます。しかし、会場には、その場の勝負だけにしか、感じられない空気のみ。予選だからでしょうか?大学生ってこんなもん?
何が何でも、本戦にあがり、全日本学生のタイトルを取ってやるんだという意欲が、ほとんど感じられませんでした。だから予選なんでしょうか?そんな事は無いはずです。
本学生にも、全員ではありませんが、数名感じました。
たしかに、その場に没頭していて、うまくいかない事はあるに決まっています。
しかし、その大会で大きな目標を持ってやっていれば、その試合に対する空気が変わってきます。うまくいくかいかないかは、二の次。

こんな事を繰り返しながら、少しずつしか前に進めないのでしょうか?
しかし、前に進む事は大小に関わらず大切な事のような気がします。
ここの目標を持ち、意味を見いだし、一戦一戦を戦ってほしいと思いま
す。
              亜細亜大学テニス部コーチ 森 稔詞

続きを読む

全日本学生室内テニス選手権大会のインプレ☆


こんにちは。
昨日行われた、全日本学生室内テニス選手権大会の予選が、大阪にある江坂テニスセンターで行われました。まずは、結果です。
<男子シングルス予選1R>
 ×大塚真之助2-63-6植木竜太郎(日大)○
 ○富田真吉6-06-4武村篤(天理大)×
<女子ダブルス予選1R>
 ×高橋/土屋3-66-45-7森/猿田(松蔭女大)○
 ○角田/宮崎2-66-46-3大見/寺本(愛院大・愛院大歯)
4面進行の6Rで9:00より試合開始。各コートでは、全国より選抜された学生達が6日より尼崎の総合体育館で行われる本戦に向けて戦っています。始まったばかりの大会ですが、率直な感想を。

相も変わらず、才能ある選手達がやっているなというのがまず一点。
しかし、なにか目標にやっている選手は、ほんの少しのみ。非常に残念でした。何かに向かい、やっていれば、まわりを引き込む空気が出てきます。しかし、会場には、その場の勝負だけにしか、感じられない空気のみ。予選だからでしょうか?大学生ってこんなもん?
何が何でも、本戦にあがり、全日本学生のタイトルを取ってやるんだという意欲が、ほとんど感じられませんでした。だから予選なんでしょうか?そんな事は無いはずです。
本学生にも、全員ではありませんが、数名感じました。
たしかに、その場に没頭していて、うまくいかない事はあるに決まっています。
しかし、その大会で大きな目標を持ってやっていれば、その試合に対する空気が変わってきます。うまくいくかいかないかは、二の次。

こんな事を繰り返しながら、少しずつしか前に進めないのでしょうか?
しかし、前に進む事は大小に関わらず大切な事のような気がします。
ここの目標を持ち、意味を見いだし、一戦一戦を戦ってほしいと思いま
す。
              亜細亜大学テニス部コーチ 森 稔詞

続きを読む

全日本学生室内テニス選手権大会のインプレ☆3

こんにちは。
昨日行われた、全日本学生室内テニス選手権大会の予選が、大阪にある江坂テニスセンターで行われました。まずは、結果です。
<男子シングルス予選1R>
 ×大塚真之助2-63-6植木竜太郎(日大)○
 ○富田真吉6-06-4武村篤(天理大)×
<女子ダブルス予選1R>
 ×高橋/土屋3-66-45-7森/猿田(松蔭女大)○
 ○角田/宮崎2-66-46-3大見/寺本(愛院大・愛院大歯)
4面進行の6Rで9:00より試合開始。各コートでは、全国より選抜された学生達が6日より尼崎の総合体育館で行われる本戦に向けて戦っています。始まったばかりの大会ですが、率直な感想を。

相も変わらず、才能ある選手達がやっているなというのがまず一点。
しかし、なにか目標にやっている選手は、ほんの少しのみ。非常に残念でした。何かに向かい、やっていれば、まわりを引き込む空気が出てきます。しかし、会場には、その場の勝負だけにしか、感じられない空気のみ。予選だからでしょうか?大学生ってこんなもん?
何が何でも、本戦にあがり、全日本学生のタイトルを取ってやるんだという意欲が、ほとんど感じられませんでした。だから予選なんでしょうか?そんな事は無いはずです。
本学生にも、全員ではありませんが、数名感じました。
たしかに、その場に没頭していて、うまくいかない事はあるに決まっています。
しかし、その大会で大きな目標を持ってやっていれば、その試合に対する空気が変わってきます。うまくいくかいかないかは、二の次。

こんな事を繰り返しながら、少しずつしか前に進めないのでしょうか?
しかし、前に進む事は大小に関わらず大切な事のような気がします。
ここの目標を持ち、意味を見いだし、一戦一戦を戦ってほしいと思いま
す。
              亜細亜大学テニス部コーチ 森 稔詞
続きを読む

全日本学生室内テニス選手権大会


12月1日から全日本学生室内テニス選手権大会が始まります。
<大会期間>
(予選)12月1日(木)〜12月4日(日)
(本戦)12月6日(火)〜12月10日(土)
<会場>
(予選)江坂テニスセンター
(本戦)尼崎市記念公園総合体育館
出場選手は以下の通りです。
<男子シングルス>
大塚真之助2年、富田真吉1年
<男子ダブルス>
佐地竜介3年、古城泰裕2年
<女子シングルス>
原由紀代4年、川崎光美4年、森美紀3年、津布久萌3年、
<女子ダブルス>
原由紀代4年、津布久萌3年、
森美紀3年、坪奈津美2年
高橋令3年、土屋奈夏2年
角田良美1年、宮崎優実1年

速報はCommentsをご覧下さい。応援よろしくお願い致します。

全日本学生室内テニス選手権大会


12月1日から全日本学生室内テニス選手権大会が始まります。
<大会期間>
(予選)12月1日(木)〜12月4日(日)
(本戦)12月6日(火)〜12月10日(土)
<会場>
(予選)江坂テニスセンター
(本戦)尼崎市記念公園総合体育館
出場選手は以下の通りです。
<男子シングルス>
大塚真之助2年、富田真吉1年
<男子ダブルス>
佐地竜介3年、古城泰裕2年
<女子シングルス>
原由紀代4年、川崎光美4年、森美紀3年、津布久萌3年、
<女子ダブルス>
原由紀代4年、津布久萌3年、
森美紀3年、坪奈津美2年
高橋令3年、土屋奈夏2年
角田良美1年、宮崎優実1年

速報はCommentsをご覧下さい。応援よろしくお願い致します。

全日本学生室内テニス選手権大会


12月1日から全日本学生室内テニス選手権大会が始まります。
<大会期間>
(予選)12月1日(木)〜12月4日(日)
(本戦)12月6日(火)〜12月10日(土)
<会場>
(予選)江坂テニスセンター
(本戦)尼崎市記念公園総合体育館
出場選手は以下の通りです。
<男子シングルス>
大塚真之助2年、富田真吉1年
<男子ダブルス>
佐地竜介3年、古城泰裕2年
<女子シングルス>
原由紀代4年、川崎光美4年、森美紀3年、津布久萌3年、
<女子ダブルス>
原由紀代4年、津布久萌3年、
森美紀3年、坪奈津美2年
高橋令3年、土屋奈夏2年
角田良美1年、宮崎優実1年

速報はCommentsをご覧下さい。応援よろしくお願い致します。

全日本学生室内テニス選手権大会


12月1日から全日本学生室内テニス選手権大会が始まります。
<大会期間>
(予選)12月1日(木)〜12月4日(日)
(本戦)12月6日(火)〜12月10日(土)
<会場>
(予選)江坂テニスセンター
(本戦)尼崎市記念公園総合体育館
出場選手は以下の通りです。
<男子シングルス>
大塚真之助2年、富田真吉1年
<男子ダブルス>
佐地竜介3年、古城泰裕2年
<女子シングルス>
原由紀代4年、川崎光美4年、森美紀3年、津布久萌3年、
<女子ダブルス>
原由紀代4年、津布久萌3年、
森美紀3年、坪奈津美2年
高橋令3年、土屋奈夏2年
角田良美1年、宮崎優実1年

速報はCommentsをご覧下さい。応援よろしくお願い致します。
学校法人亜細亜学園
亜細亜大学
創立当時からアジアをはじめとする国際社会への貢献を目標とし、つねに時代の一歩先を行く教育環境づくりに取り組んできた亜細亜大学。
一人ひとりが学びたいことを学び、個性を最大限に発揮できるように、建学精神「自助 協力」をさまざまな形で実現し続けています。
亜細亜大学国際テニス大会
tennis.jpリンク
Amazonライブリンク
AmazonおすすめBook!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
最新コメント